千葉(船橋)のバイク屋 ノザワホンダTOPXR250を大事に乗られている方へ>XR250サポートメニュー(エンジン/キャブレター)

エンジンのオーバーホール(修理)


上の様な症状が出た場合は、エンジン内部の部品が消耗している可能性が大変高いです。
XR250は、新車からご購入の場合15,000キロから18,000キロ位がエンジンオーバーホールの目安です。 なぜなら、そのまま放っておくとだんだん出力の低下が始まってしまうからです。
この時点で適切なオーバーホールを行っておけば、最低限の部品交換で出力低下が防げます。
ピストン、ピストンリング、シリンダーの摩耗によるオイル上がり、バルブガイドのがた、バルブステムシールの摩耗によるオイル下がりなどは大きな出力低下の原因です。
またシリンダーの摩耗が大きい場合、ピストンとピストンリングから燃焼行程時に燃焼ガスが吹きぬけてしまい、クランクケースに流れ込んでしまいます。 そうなる事でエンジンオイルを早く傷める要因となり、エンジンオイルとしての役割を果たす事が出来なくなります。 そこからは悪循環の始まりです。
もともと空冷エンジンですから、オイル管理はとてもシビアです。ホンダ指定の10W-40のオイルでも注意が必要です。むしろXR250の場合は、10W-50もしくは10W-60でも良いと思います。
オイルの役割を果たせなくなったオイルが、エンジンの中を循環したらどんどん部品が消耗して異音がが出てくるのは当たり前です。 こうなる前に適切なエンジンのオーバーホールが必要と言えます。

キャブレターのオーバーホール(修理)

走行距離が進んでくると、キャブレター内部の部品自体も摩耗してきます。 キャブレター内で常に動き続ける部品に、ジェットニードルがあります。 ジェットニードルは直接燃料調整に関連している為に、定期的なチェックをおススメします。
なぜなら、ジェットニードルの精度は、1/1000という非常にデリケートな部分の為に摩耗が進んで来ると精度が落ち、エンジンに不調をきたしてしまいます。
不調をきたす前に、キャブレターのオーバーホールをおススメします。

XR250のオーバーホール・修理など随時お待ちしております
お問い合わせはバナーをクリック下さい
お問い合わせはこちらをクリック

今月の休日はこちらです



千葉(市川・船橋)のバイク屋 ノザワホンダはプロス・ウイング店です
ノザワホンダは
プロス・ウイング店です

ノザワホンダはオーリンズ取扱代理店です
オーリンズ正規取扱代理店



エンデュランス


ニューテック二輪スペシャルショップ
ニューテックスペシャルショップ


Mac mrd
Mac mrd

ビーレンタ 千葉船橋海神町東店
バイクレンタルサービス
ビーレンタ千葉船橋海神町東店

CMC 千葉オートバイ事業協同組合
千葉オートバイ
事業協同組合

自動車公正取引協議会 会員店
自動車公正取引協議会
会員店
当店は中古バイクの品質を適切に表示します