ノザワホンダでしっかり修理
  • エンジンオイル関連
  • バッテリー関連
  • タイヤ交換
  • エンジン関連はこちら
  • チェーン関連はこちら
  • エアクリーナ関連はこちら
  • ブレーキ関連はこちら
  • その他

バッテリーは、長年の使用で劣化します。
突然のトラブルを防止するためにも定期的な点検・交換をおススメします。

 バッテリーは充電式の電池で、エンジンのスタータやライトなど様々な電気装置に電気を送る働きをしています。
 放電と充電を繰り返すことで劣化が進み、そのまま使用し続けるとライトが暗くなったり、セルの回りが弱くなったり
、エンジンがかからなくなる状態となります。定期的に点検と交換をする事で突然のトラブルを予防する事につながります。
 ちなみに、JAFやロードサービスの出動理由の1位はバッテリートラブルです。

バッテリー上がりの原因
代表的な事例 このバッテリーはまだ使えそう?それとも交換?
ポジションランプの消し忘れ、メットインスペースのライト点けっぱなし(過放電) バッテリーがまだ新しい場合は、充電すればOKです。
長期間乗らない事による自然放置(置きっぱなし) 放置期間が短い場合(3ヶ月程度)は充電すればOkです
車両側充電装置の故障による、充電不足・過充電 車両側の修理が必要です。また、バッテリーが影響を受け故障している可能性もあり。その場合は交換も必要。
車両側の配線の劣化などによるリーク(漏電) 車両側の修理が必要です。また、バッテリーが影響を受け故障している可能性もあり。その場合は交換も必要。
端子緩みによる接触不良 バッテリーが新しい場合は、充電すればOKです。
バッテリーの寿命 交換が必要になります。
事故等の衝撃によるバッテリー内部の故障 交換が必要になります。
※基本的に、寿命以外の理由でのバッテリー上がりの場合は、充電すれば再使用出来るケースが多いですが
 バッテリーは一度上がってしまうと、充電しても以前の性能は発揮できません。また、年中バッテリーが上がり気味な
 古いバイクは、充電系に何らかのトラブル(発電不良やレギュレーター不良)を抱えていると考えた方がいいかも。
 長年乗り続けてきたバイクだから仕方がないと考えて、そんな不具合や不調を抱えたまま、ごまかしながら乗り続けて
 いると、バッテリーにもさらに悪影響を及ぼします。
  本来、適正充電が行われているバッテリーならば、1ヶ月程度で電圧がドロップし、エンジン始動が困難になってしまう
 事は通常あり得ません。気になるとき、不具合を感じたときには、早め早めにチェック&メンテナンスを行うようにしましょう。
チェックポイント
 盗難防止装置(イモビライザーなど)を取り付けている車両をお持ちのお客様要注意です。
 盗難防止装置は、エンジンを切っても20~30mAの暗電料が流れています。
 頻繁に乗られない場合は、こまめな補充電をおススメします。
 そうすれば、イザお出かけの時に、バッテリー上がりなんて事が予防できます。
 ちなみに・・・自分で充電される方におススメはこちらです。
世界で最も信頼されているバッテリーメンテナー充電器 Opti MATE4
メーカー希望小売価格 ¥15,984(税込)
ノザワホンダ特別価格¥12,787(税込)

 一般的に2~3年が目安(使用状況により寿命は変わります)

作業項目 内訳 工賃
バッテリー交換(充電) 電圧点検含む ¥2,160~

(補足)バッテリーの価格は車種によって異なりますが、原付クラスでおよそ¥15,000~となります。

お問い合わせはバナーをクリック下さい。

お問い合わせはこちらへ

お問い合わせはこちらをクリック 今月の休日はこちらです
スタッフブログ 千葉(船橋)のバイク屋 ノザワホンダはプロス・ウイング店です CMC 千葉オートバイ事業協同組合
千葉オートバイ
事業協同組合